本当に満足のいく分譲住宅を福岡で購入するために

HOME » 新築一戸建て購入前の必須知識@福岡 » 分譲建売住宅の選び方

分譲建売住宅の選び方

ここでは新築一戸建て分譲住宅を選ぶ際に、現地見学などでどのような点に注意したらよいかチェックポイントについて解説しています。

周辺環境をしっかり確認すること

現地見学に行くとつい建物ばかりに目が奪われがちですが、しっかり確認しておきたいのが周辺環境です。

まずは利便性についてです。スーパー、コンビニなどの買い物施設が近くにあるか、医療施設までの距離などをチェックしましょう。そこに住んだ時に毎日の生活がしやすいかどうかが重要です。

また交通環境なども大切なポイントです。最寄駅やバス停までの距離はどのくらいなのか、車で出かける場合に大きな道路に出やすいか、高速道路の入口まで近いかなども調べておきましょう。

次に考えておきたいのが子育て環境です。小学校、中学校など教育関連施設までの距離や通いやすさ、子供が遊ぶための公園が近所にあるかなどをチェックします。子供が成長するにつれて、どういう生活になるのかをイメージするとよいでしょう。

その他、周辺環境で注意したいのが、大きな空き地が近くにあるか、ゴミ焼却場や火葬場などの嫌悪施設がないかなどをチェックします。大きな空き地や駐車場がある場合は、将来そこに大型施設が建設されて環境が変わってしまうことがありますので、注意が必要です。

また、現地には曜日や時間帯などを変えて何度か足を運んでみることが重要です。昼と夜、平日と休日では雰囲気が全く違うということもよくあります。住み始めてから後悔しないように、いろいろなシーンを想定して様々な角度からチェックしてみてください。

モデルハウスではここをチェック

新築分譲住宅の場合、完成物件なのか未完成物件なのかによってチェックできるポイントも違います。

完成物件の場合は、そこが住む家となるため、直接間取りや広さ、生活動線などを確認できます。間取りに関しては主婦目線で考えることが重要です。家事がしやすいレイアウトになっているか収納などが欲しい場所に用意されているかどうかなどをチェックします。

未完成物件で、ある区画だけモデルハウスになっているような場合は、実際に住む家とは違うため、間取りや広さの違いを考えながら見ることになります。設備に関してはそれが標準仕様なのかオプションなのかどうかを確認することも重要です。

モデルハウスを見学する際は、必ず設計図や仕様表をもらって帰るようにしましょう。見落としてしまった部分を後から確認することができます。

完成されている物件やモデルハウスの場合、すでに出来上がってしまっているので構造や基礎がどうなっているのかを確認することが難しくなっています。もし建設途中の物件があれば見学させてもらうとよいでしょう。

また、過去の土地状況を確認することも重要です。今は綺麗に整備されている分譲地であっても、以前は池や沼だったかもしれません。営業担当者に聞いて確認してみてください。

現地に行くと、どうしても見える部分にしか注意が行かなくなってしまいますが、目視できないところに気を配ってチェックするよう心がけましょう。